So-net無料ブログ作成

「風立ちぬ」鑑賞 [映画]



kazetachinu_poster1a.JPG




今朝、宮崎駿監督が「風立ちぬ」を最後に引退、というニュ-スが流れました。
う~ん、残念。
それだけに、「風立ちぬ」という作品には、
アニメ製作者としてベストを尽くし、人間として語りつくしたいという想いが
詰まっていたんだなあ・・・と。

夏、8月というと、
日本人が眼を背けてはならない日中戦争、太平洋戦争が
ドキュメンタリ-等で取り上げられる機会も多いですよね。
この夏は特に「風立ちぬ」の主人公モデルが、
零戦設計者の堀越二郎だと聞いていたので、
予習ってことじゃないですけど、映画の前に
零戦搭乗者の見つめた太平洋戦争というNHKの番組を見ました。
零戦誕生から敗戦まで、
搭乗員だった方の証言や堀越二郎の手記を織り交ぜながら
当時の写真や映像も多数盛り込まれた番組でした。

「風立ちぬ」の堀越二郎は、あくまで宮崎監督の描き出した劇中人物で、
実際の堀越二郎そのままではないですが、
当時、三菱重工で堀越と共に働いていた方によると、
「寡黙、長身痩躯のジェントルマンで、
 どこにああいう閃きやエネルギ-があるのか、
 物事の決断が誠に竹を割ったような人。
 逸材、めったにいない人だと思った。」
これは、映画の二郎像にも表れていました。

飛行機が本当に好きで、美しい飛行機を作りたいという純粋な願いを持ちながら、
時代が本意ではない方向に二郎をひきずっていく。
映画ではそういう葛藤を、時空を超えた夢の場面として描いていました。


実際の二郎本人の手記に、
新型戦闘機開発にあたって海軍の要求といいうのが、
当時の航空界の常識では全く虫のよい要求で、
できるできないの議論を終わらせるためには、
「設計者が現実に要求通りの物を作ってみせる以外にはない、
 そうする以外に残された道はないことを、深く心に刻んだ。」と、書かれてあります。

三菱重工入社すぐのヨ-ロッパ、アメリカ留学を経験したことで、
海外の技術力、工業力、特に補給力と比べ、
日本が劣っている現実を痛感していた二郎にしてみれば、
米英との開戦は「大変なことになった・・」というのが本音だったようです。
映画でも、「この国はどうしてこんなに貧乏なんだ・・」と友人と話す場面がありました。

向かうところ敵なしだった零戦も、
アメリカの対零戦対策を駆使した新型戦闘機の出現や、
戦死による熟練搭乗員の不足などによって形勢不利に。
当初要求されなかった装備を海軍に要求され、
二郎本人は手記でこう言っています。
「大本営発表のニュ-スが事実をいかに糊塗しようとも、
このような零戦改修の要求は、そのまま零戦の苦戦ぶりを、
そして日本軍の窮状を雄弁に物語っていた。
次々と分不相応な防弾や火力を背負わされて飛び立っていく零戦の姿は、
まさに この戦いにおける日本の行く末を暗示していた。」

映画では、零戦による特攻作戦の悲惨さは直接描かれていません。
あえて、そうしたのでしょう。
夢というか回想の中で、
自分の作り出した零戦が「一機も帰って来なかった・・・」と、ひと言つぶやかせています。
実際の二郎は、
「多くの前途ある若者が、けっして帰ることのない体当たり攻撃に出発していく、
その情景を想像しただけで胸がいっぱいになってしまう。
彼らが微笑みながら乗り込んで行った飛行機が 零戦だった。」と手記に綴っています。

映画で描かれる、もう一方の世界、
二郎と菜穂子の恋愛、これがまた純粋でひたむきで。
ヒロインが結核で、高原のサナトリウムで療養するが亡くなってしまうとか、
堀辰雄の自伝的小説が下地になっているゆえに、
堀辰雄にも敬意を込めてとしたのでしょうねえ。
菜穂子は、もっともっと生きたかっただろうと切なくなるし、
残された二郎には彼女の分まで生きて欲しい、
きっと彼女が見守っているから~と願わずにいられないし。

宮崎監督が「風立ちぬ」製作を決めたとき、
周囲からは、戦争の道具を作った人の映画を作るのか?
トトロのようなファンタジ-を作ればいいじゃないか?という意見も出たそうです。
それでも、今だから作らなければと決意したのは、
なんだか、日本が戦争を始めた頃の匂いがするということでしょうか。

「歴史は時代という装いをして繰り返す」という言葉もありますしね。

今までの宮崎アニメのような、子供も楽しめるファンタジ-じゃなかったのは確かで、
近くの座席に座った家族連れの子供は、最初から最後までずう~っと退屈して愚図りどおし(笑)
これで引退とか聞くと、
宮崎監督、オンザエッジに自分を追い込んで作ったのかなと思います。

私は、素直に感動しました。


















nice!(0) 

レ・ミゼラブル [映画]



poster.jpg



ルアンで食事の後、
生田神社へ初詣。
それから、観たくてたまらなかった映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞。
舞台は、娘の大学同期「山崎育三郎クン」がマリウス役で出演した
帝劇の舞台を観ていたので、
映像だと、どんなふうになるのか期待でワクワク[グッド(上向き矢印)]
キャストも映像も音楽も、素晴らしかった[exclamation]

パリの街並や人々の暮らしがリアルに伝わってきたし、
表情のアップから引き続いてワイドな風景に広がったり、
映像は表現の可能性がいっぱい。
歌そのものの臨場感は舞台ほどありませんが、
キャストの表情を様々な角度から拾うので、心に迫ってきます。
最後は号泣でした[たらーっ(汗)]

人は何のために生きるんでしょう?・・・本当の強さとか優しさって?・・・
などと、柄にもなく考えました。
お勧めしたい作品です。












nice!(0) 

瞳の奥の秘密 [映画]


映画を観るの、何ヶ月ぶりだろ。。。

派手なCGも、気分を煽る大音響も、高額出演料のハリウッドスタ-も、
そういうのとは別世界。

静かでいて、ずっしり重い衝撃。

アルゼンチン映画 「瞳の奥の秘密」

2010年、アカデミ-賞最優秀外国語映画賞を受賞した作品です。


裁判所を定年した主人公の男が、
解決できなかった25年前の殺人事件を、小説に書くところから始まります。
小説の筋を追う形で、
事件の隠された真実が暴かれていきます。

そして、25年前のその時、あきらめた恋もあった。

小説を書き進めるうち、
未解決の真相に、引き寄せられるように迫っていく。
同時に、かつて愛した女性を忘れられない自分とも向き合っていく。

事件の結末は、衝撃的。
壮絶なまでの愛の形に打ちのめされた主人公は、
背中を押されるようにして、25年間の愛を告白するべく、
今も愛する女性の元へ・・・・・

主人公
忘れられなかった女性(元上司)
新婚の妻を殺された男
友情で結ばれた同僚

俳優が、もう本当に素晴らしくて・・・スッゴク素敵で・・・
まさに、瞳で語られました。
ズ-ンと胸に来ました。

そして、アルゼンチンですから当然「スペイン語」。
スペイン語のリズムとイントネ-ションが、映画の内容とぴったり合って。
これが「ドイツ語」でやられたら、チョット違うよね。
スペイン語で出るイイ感じの混沌が、整理整頓され過ぎるみたいな。

大人の映画、お勧めです。








nice!(0) 

マルタのやさしい刺繍 [映画]


4月から1年間、町内自治会のお仕事をすることに。
単純に順番で回ってくるものでして、今年は我が家の当番ということです。
ここのところ、チマチマとお仕事しておりました。

そんな日常はともかく、ようやく[晴れ]の週末、TSUTAYAも百円均一(笑)
以前から観たいと思っていた「マルタのやさしい刺繍」、借りてきました。



header_imga.JPG



舞台はスイス、エメンタ-ル地方の小さな村。
夫を亡くしたマルタは、80才。
何をする気力も湧かず、立ち直れないまま。
ふとしたきっかけで、ベルンで裁縫の仕事をしていた若い頃の夢を思い出します。
それは、「パリのシャンゼリゼで、手作りランジェリ-の店を出すこと。」
友達の勧めもあり、
夫と営んでいた食料品店を、ランジェリ-ショップにしようと思いたちます。
アルプスの山の中から、はるばるベルンまで手芸材料を仕入れに。
田舎暮らしのお婆さん達には、冒険ですよね。
美しいレ-スやリボンを手に取って製作意欲が沸いてくるあたりから、
マルタや協力してくれる友達の目が、キラッキラッと輝いてきます。
昔の腕と勘を取り戻し、生み出される美しいランジェリ-の数々。
ついに店開きまでこぎつけた!と思ったら・・・
保守的な村の人々の反応は冷たいものでした。
「いい歳をしてランジェリ-なんて、いやらしい。」「恥を知れ。」
牧師の息子も立場上、なんとか止めさせようとするし、
地域の保守グル-プのリ-ダ-も、あからさまな嫌がらせ妨害工作をします。
落ち込んで諦めようとするマルタですが、
友達のひとり(この人もマルタと同年代)がPCを勉強してインタ-ネットで商品を紹介したところ、
すごい反響が。
やがて少しずつ周囲の反応も好意的になっていきます。
生きる喜びを求めて何が悪い、年齢なんて関係ない、
マルタの生き方に賛同する人々が次々に!

マルタの頑張りから勇気を得て、
自分の境遇を諦め流されていた人々が、それぞれ新しい一歩を踏み出す姿も感動的。
頑なに反対、拒否した人が個人的な問題を抱えていることも描かれます。
新しい考え方や生き方に憧れはあっても、
恥ずかしい、怖い、勇気がない、不満を抱えながらも現在に安住してしまう心理もわかるし。

おばあさん達の奮闘振りと可愛さ、人生知った者のしたたかさ。
泣き笑いしながら、暖かい気持ちになれました。
スイスの美しい景色も素晴らしいし、
ベルンの手芸店の場面では、自分が買い物をする気分でワクワク。
刺繍はもちろん、民族衣装がスッゴク可愛いんです[黒ハート]
3Dじゃなくても、お金をかけたエキサイティングなシ-ンがなくても、
こういう映画には、元気をもらうことができます。


その後、TVで「のだめカンタ-ビレ・最終楽章前編」を観て、
そこでも笑って泣きました。



334577_001a.JPG



音楽ってステキ、人と共感できるってステキ[るんるん]
公開されたばかりの後編予告では、
のだめちゃん「ショパンのピアノ協奏曲第一番」を演奏するんですね。
実際の演奏はランランだそう。
今では誰も信じてくれないでしょうが、
私、20ウン年前ですけど[あせあせ(飛び散る汗)]弾いたんですよ。
大好きな曲です。
あの時の指は、どこかに置き忘れたのかしらん?







nice!(0) 

ヴィクトリアンな時間 [映画]



ハプスブルク 010a.JPG



「Bunkamura」から、メ-ルマガジンが届きました。
ミュ-ジアムでは「愛のヴィクトリアンジュエリ-展」
ル・シネマでは「ヴィクトリア女王 世紀の愛」
同時開催ですもん、どちらか一方って選択はありえませんよね。

「Bunkamura」のミュ-ジアムはもちろん、オ-チャ-ドホ-ル、シアタ-、
興味をそそる企画が多くて、
これまでも、東京に住んでいたらな~と残念に思うこと数知れず。
でも今回は、東京滞在とバッチリ重なってる[グッド(上向き矢印)]


まず、「愛のヴィクトリアンジュエリ-展」

ヴィクトリア女王時代、大英帝国は繁栄の絶頂に。
素晴らしいジュエリ-の数々が並んで・・・ため息つくしかないの~[ぴかぴか(新しい)]
権力の象徴としてだけでなく、
女性を美しく見せる「オシャレ」ジュエリ-だったり、
大切な人にメッセ-ジを込めて送るシュエリ-だったり。
女王が君臨した時代だからこその文化、芸術の開花を感じます。

大ぶりの宝石に金細工も素晴らしいですが、
特に惹きつけられたのが、シ-ドパ-ルのティアラなんです。
金やシルバ-の台に大きなパ-ルを付けるスタイルではなく、
シ-ドパ-ルという極小パ-ルでビ-ズ細工のように花や模様を形作り、
全てが細かいパ-ルで覆われています。
デザイン揃いのネックレス、イヤリングとセットになっているものもあって、
見とれてしまいました。

exhibition_sec1_pic3.jpg


女王の肖像入りのジュエリ-などを送られるのは、最高の名誉だったそうです。


exhibition_sec1_pic2.jpg


センチメンタル・ジュエリ-、メッセ-ジ・ジュエリーと呼ばれるものも展示されていました。
イニシャルを入れたり、
イギリスらしく花を象ったジュエリ-を送り、
その花言葉に思いを込めるとか、素敵だなと思いました。

また、最愛の夫アルバ-ト公が亡くなって25年にも喪に服した女王が、
黒いドレス、黒い装飾品で通したため、
黒い「ジェット」で作られたジュエリ-が広まったそうです。

他にも、ヴィクトリア時代に始まった習慣には、私達にも身近なものが。

ウェディングドレスといえば「白」。
相思相愛で結ばれたアルバ-ト公との結婚式で、
それまでの金糸銀糸の豪華な衣装でなく、
ヴィクトリア女王が袖口にレ-スをあしらった白い清楚なドレスを着たのが、広まったんですって。
ティアラをかぶらず、繁栄と多産を願うオレンジの花を頭に飾ったそうです。
なんだか、女王の乙女心が、いじらしいですね。
指輪の交換は、アルバ-ト公がドイツから持ち込んだ習慣ですって[黒ハート]

アフタヌ-ンティ-も、
女王が紅茶を飲むことを奨励し、公式な「お茶」が社交の場となったことから、
一般に広まった習慣だとか。
会場には、銀器で統一したアフタヌ-ンティ-のテ-ブルセッティングが再現されていました。


展覧会のあとは、「ヴィクトリア女王 世紀の愛」


ハプスブルク 011a.JPG



女王の少女時代から、18歳で即位し、アルバ-ト公との出会い結婚、
夫の協力を得て女王として成長していくまでの、若い頃を描いています。
今でも世界中の”理想のカップル”、ヴィクトリアとアルバ-トを演じる2人が素敵[exclamation]

母の支配から自立しようともがく少女時代、国と人民のため生きる決意をする若き女王、
政略から出会ったアルバ-ト公に本当に恋してまう女性、
エミリ-・ブラントは生き生きと演じていました。
アルバ-ト役のルパ-ト・フレンドも、
政治的な自分の役割を超え、ヴィクトリアからの手紙を待ちわびる様子や、
自分の思いは高まっているのに、
女王からのプロポ-ズを待たなければならない(女王にはプロポ-ズできない)じれったさを、
よく表していて、「わかるよ~ウン、ウン。」と見ていました。

オ-ル・イングランドロケとのことで、よくこんなに豪華な絵が撮れたなと感心しましたし、
なんといっても衣装の素晴らしさ[ぴかぴか(新しい)]
今もヴィクトリアンに魅了される(特に女性)理由がわかりますよねえ[るんるん]

映画の最後に2人が腕を組んで並んだ姿に、グッときました。


神戸に帰ってから、イギリスBBC交響楽団の演奏会「プロムス」を録画でみました。
毎年楽しみにしているんですが、
主会場はヴィクトリア女王の夫君アルバ-ト公の名を冠した「ロイヤル アルバ-トホ-ル」。
演奏会で必ず演奏される曲のひとつに、「ル-ル ブリタニア」があります。
1740年、ジェ-ムス・トムソンの詩に、ト-マス・ア-ンが曲をつけたもので、
ヴィクトリア女王時代より前からありましたし、今も国民の愛唱歌です。
「ブリタニア」とは、イギリスを擬人化した女神。
このあたり、世界の海を制し「陽の沈まぬ国」といわれた大英帝国らしいですよね。


     始めにブリテンが神の命で紺碧の海から生まれたとき

     これこそ国の憲章 天使達はこう歌った

     ブリタニアよ大海原を治めよ 決して屈することはない


これは一番の歌詞で、「進めブリタニア!」のような内容が続きます。
「ブリタニアよ大海原を治めよ 決して屈することはない」の部分を、
ロイヤルアルバ-トホ-ル、イギリス各地の会場の人々が大合唱します。
これを歌う人々の顔と声が、日本では見られない誇りと喜びに満ちてると、
いつも感じるんですよ。
根っこにあるものが違うのかなぁ?とか、羨ましさも含めてね。

イギリス国歌として歌われる歌詞も、抜粋ですが、

      神よ我らが女王をお守りください

      末永い治世がありますように

            ・  
            ・

      神の選ばれた贈り物が

      女王の上に注がれますように

            ・
            ・

      我らに大義をお与えください

      心と声をもって歌う大義を


ヴィクトリア女王の時代、繁栄を謳歌する人々の女王に対する気持ちは、
こんな風だったのかなあ~と、今回の映画を観て思いました。
かと思えば、
イングランド、スコットランド、ウェ-ルズ、北アイルランドそれぞれの国歌もあり、
実際、今のサッカ-などの試合ではそちらが国歌ですし・・・。
それぞれの独立自尊心も深くて、それも含め諸外国との軋轢もありながら治める苦労は、
ヴィクトリア女王も大変[あせあせ(飛び散る汗)]
アルバ-ト公の存在は大きかったでしょうね~、マリア・テレジア&フランツ1世の場合と重なります。

イギリス、深いなあと感じ入った、ヴィクトリアンな時間でした。

写真はBunkamuraホ-ムペ-ジからお借りしました。












nice!(0) 

パリ・オペラ座のすべて [映画]

映画 「パリ・オペラ座のすべて」
東京などよりずっと遅れて、神戸で観られるようになりました。


150898_paris_ga01.jpg


幼稚園から小学校にかけて、高校生の時、そして思い出したように数年前、
切れギレですが、バレエを習っていました。
もうホントニ、チョコッとね。
ちなみに、現在はしておりません(ヘタレ~[たらーっ(汗)]
基本バレエを観るのは大好きなので、
この映画を知ってから、楽しみにしていたんです。

舞台だけでなく、稽古場の練習風景、経営についての会議、
舞台を支えるスタッフの仕事、
ガルニエ宮の屋上では養蜂が行われ、
水を湛えた地下では魚が泳ぐ。
ナレ-ションは一切なく、練習や本番の演目が画面隅に出るくらいで、
けっこう思い切りよく場面が切り替わります。
古典の華やかな舞台シ-ンは少なくコンテンポラリ-ダンスの場面が多くて、
今のオペラ座が伝統を守りながらも進化し続けるのを、感じさせます。

ダンサ-達の体と動きの美しさときたら[ぴかぴか(新しい)]
鍛え上げられた究極に無駄のない体の線・・・・
手足はあくまで長く、顔はワタシの握りこぶし位でしょうな[ダッシュ(走り出すさま)]
同じ人間とは思えないワ。
練習でのコ-チとダンサ-のやりとりは、
お互い引かない気迫があって緊張しながら観てしまいました。
衣装や小道具の製作は、もう少し見せて欲しかったなあ。

オペラ座のダンサ-は公務員で、定年は40歳。
40歳から年金が支給されます。
演劇のコメディ-フランセーズも、そのようです。
芸術家の地位が高いんですね。
肉体年齢との闘いが宿命のバレエダンサ-としては恵まれた待遇ですし、
こういうシステムは世界でも稀。
だからこそ、入団するのも至難の業なんでしょうね。

芸術監督の言葉で、
「修道女とボクサ-」というのがあったんです。
修道女のように求道者の心と、ボクサ-のような鍛えられた体、
ダンサ-には両方必要・・・というような意味でしょうか。
確かに、彼らの日々を観ていると納得してしまいます。

映画ではありませんが、
今年の5月に退団したエトワ-ル、マニュエル・ルグリに、
退団の日まで密着取材したTV番組をNHKで見ました。
自分の理想とする踊りと、年を重ねていく肉体と、
その間で葛藤する姿は印象的でした。
彼のドン・キホ-テは録画していて、度々観直しています[黒ハート]


daimaru 002a.JPG

なんだか、不思議な階段でしょ。
パリ・オペラ座っぽい?
映画の帰りに寄った神戸大丸の何処かに、ひっそりあるんです。











nice!(0) 

ココ・アヴァン・シャネル [映画]


公開を待ちに待った映画「ココ・アヴァン・シャネル」を観てきました。


0916sound.jpg


シャネルの生き方に興味があったのと、

ココを演じるのが、オドレイ・トトウだから。

「アメリ」以来、彼女のファンです。

アメリのイメ-ジが強すぎて、その後の作品は、彼女じゃなくても・・・と思うことも。

でも、ココ・シャネルになりきれるのは、彼女以外には考えられなかったでしょう。

意志の強そうな瞳、くっきりした眉、ツンとした鼻、シャ-プな顎の線、

容姿だけでも、シャネルを思わせます。

男性に媚びない生意気さと、天使の微笑みの表現も。

少年のようなファッションも、華奢な彼女によく似合う。



映画は恋愛にスポットが当たっていて、かなりの時間をかけてました。

男性の付属物として生きるのを嫌い、自由を得るため働く女性を目指す理由が、

実らない恋にもあったのですから、仕方ありません。

でも、デザイナ-として、実業家としてのし上がっていく人生の後半部分を、

もっと描いて欲しかったなあ。

最初のシャネルス-ツは、人々にどんな驚きで迎えられたかとか。

このドレスが生まれた裏には、こんなドラマが・・とか。

結婚できないとわかっていても心から愛した男性が亡くなるまでは、

とても丁寧に描かれているのに。

その後は一気に、デザイナ-として成功した彼女になって終わるんですよ。

その間が知りたかった。

亡くなるまで失わなかった仕事への情熱も。



男物の服を改造して着こなしてしまう若い頃も、さわやかで素敵。

パリに出て髪をバッサリ切った彼女は、輝くばかりに美しい。

最後、アトリエでのファッションショ-の場面、

白いス-ツ姿のオドレイには、オ-ラが出てました。

オドレイ・トトウを観るには、満足でしたよ。







nice!(0) 

愛を読むひと 観ました。 [映画]




1024a.jpg



「愛を読むひと」観てきました。
やっぱり、泣きました。
ベルンハルト・シュリンクの原作「朗読者」は、
ベストセラ-になった当時に読んで、すごく感動しました。
たいていの場合、原作に入れ込みが強いほど、
映画化されるとガッカリというパタ-ンが多いものです。
でも、この作品は違いました。
ハンナ役のケイト・ウィンスレット、本当に素晴らしかった!
少年時代にハンナと出会い、彼女が死ぬまで無償の愛を捧げるマイケル。
中年になってからのマイケルを演じたレイク・ファインズも良かったです。

秘密を守りたいがため、
昇進を約束された仕事を捨てナチスの看守に。
その任務に忠実であった罪に問われ、
裁判で弁明の機会をも、
秘密が明らかになるのを恐れて放棄してしまい、
刑務所で生涯を終えることになったハンナ。
マイケルとの出会いで一瞬光が差した生活さえ、
秘密を守るために捨て姿を消す。
そんなにまでして守りたかった秘密が、「朗読」につながってるんです。

賛美歌を聴きながら涙を流すハンナ、
マイケルに愛情を注ぎ、
彼の読む物語に一喜一憂する感情豊かなハンナ。
それは、彼女の優しさや純粋さ。
対照的に、
ナチスの看守として職務を果たそうとしたハンナ。
マイケルに何も告げず姿を消すハンナ。
裁判での不器用な陳述で、自分を追い込むハンナ。
それは、後ろ向きの頑固さ。
ケイト・ウィンスレットは、二面性を見事に表現していました。

初恋に舞い上がっていただけの少年は、
分かれて数年後、彼女の戦争犯罪を知ることとなり、
裁判を傍聴するにつれ彼女の秘密に気づく。
それを暴けば彼女の罪は軽くなる。
でも、彼女はそれを望まないことも理解してしまう。
そして、出会った頃のように本の朗読を録音したテ-プを、
刑務所の彼女の元に送り続ける。
マイケルがマイク片手に朗読を続ける場面あたりから、
最期まで涙が止まりませんでした。
最期は、あまりにも切な過ぎる。
原作で結末を知っているのに、
映画で更にやりきれなくなりました。

見ごたえのある本当にいい映画でした。
ハンカチ忘れずに、皆様おでかけくださいまし。

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。