So-net無料ブログ作成
検索選択
ミニチュアトルソ- ブログトップ
前の10件 | -

サマ-ウエディングドレス・ミニ [ミニチュアトルソ-]



サマ-ウエディング 012a.JPG



サマ-ウエディング 008a.JPG







サマ-ウエディング 011a.JPG



サマ-ウエディング 010a.JPG








夏にピッタリなウエディングドレスを、白とピンクで作ってみました。
ゴ-ジャスな重厚さよりも、微風でも動く軽い素材を使って、
見た目も涼しさを感じるように。

白いドレスは、微かに入ったグリ-ンが爽やか。
裾は、プリ-ツのフリルを重ねて軽さが出ていますでしょうか?

ピンクのドレスは、思い切ってミニ丈で。
ピンクのグラデ-ションが綺麗な花びらを、
スカ-トに何枚も重ねました。

サマ-ウエディングって、
式場さんでもお得な値段設定になっているんですよね。
ひと昔前なら、夏は外して・・・・という考え方もありましたが、
最近では、会場も乗り物も過剰なくらい冷房が効いてますし。
列席者のお召し物も、ズラッと留袖が並ぶなんてのは、
よほど地方に行かないと見られない光景になりましたしね。
注意する点といえば・・・・
屋外撮影時の化粧崩れでしょうか(笑)

















nice!(0) 

チュ-ルレ-スのトルソ- [ミニチュアトルソ-]


リボンワ-ク 003a.JPG






リボン・トルソ- 007a.JPG






リボンワ-クのクラスで、
練習用に作った花が使わないまま増えていくので、
何か形にならないかと・・・
昨年買った刺繍入りチュ-ルレ-スがあったのを思い出して、
トルソ-を作りました。

色合いもチュ-ル素材も涼しげです。
これからの季節、部屋に飾ってもセ-フです(笑)














nice!(0) 

Ca, c'est Paris [ミニチュアトルソ-]



パリ 012a.JPG



レミゼを観てから、パリに心が飛ぶ・・・
そこで、こんなミニチュアトルソ-を作りました。
”Ca, c'est Paris ”とタイトルを付けました(笑)



パリa.JPG


しっかり PARIS と主張しております。
だってパリなんだもん[わーい(嬉しい顔)]



黒のタイトなワンピ-スに、フワリと広がったオーバ-スカ-ト。
このスカ-ト部分をご覧にいれますと、
こういう柄。



パリ 015a.JPG



エッフェル塔なんですよ~[るんるん]
当初、テ-ブルランナ-として買ったのですが、
ドレスに変身しました。
だって、Ca, c'est Paris [黒ハート]











nice!(0) 

帽子をかぶったトルソ- [ミニチュアトルソ-]


帽子のトルソ- 015a.JPG



再び、秋らしい色合いのトルソ-です。
ポピ-でしょうかピオニ-でしょうか、
ブラウン濃淡の花が刺繍されている布。
お店に少ししか残っていなくて、
全部ゆずってもらっても、フワリと広がったスカ-トにできませんでした。
華やかさが出るよう花にビ-ズ刺繍をして[るんるん]
花を飾った帽子をかぶってもらい[るんるん]
それプラス、香りにつられて飛んできた蝶[るんるん]




帽子のトルソ- 016a.JPG


帽子のトルソ- 017a.JPG


帽子のトルソ- 018a.JPG


帽子のトルソ- 019a.JPG






TVでは、アメリカ大統領選挙速報が流れています。
前回から4年間、あっという間に過ぎてしまいました~。

日本はど-なんですか、政局オンリ-の迷走ぶり。
いつのまにか議員が「家業[むかっ(怒り)]」になっていたり、
政治家ならぬ「選挙屋[パンチ]」に成り下がっていたり。
あ~ヤダヤダ[たらーっ(汗)]

気になる懸案もいくつかあって、胃のぐあいが・・・・
何か、気分がパア~ッと明るくなるようなことないかなぁぁぁぁぁぁぁぁ
ブログを読んで下さる皆様には、
心がホッコリする日々でありますように[揺れるハート]









nice!(0) 

深まる秋のバレエ衣装トルソ- [ミニチュアトルソ-]

オ-タム 021a.JPG



オ-タム 004a.JPG





この週末を過ぎると、ぐっと秋が深まるそうです。
刺繍の課題が一段落したので、
久しぶりにミニチュアトルソ-を作りました。

この季節、様々な色に変化していく葉っぱと、
重なる花びらは秋薔薇の深い赤。
ビ-ズ刺繍や小花も、馴染む色にしました。
スカ-ト部分を先に作ったあとで胸元にゴ-ルドを置いてみたら、
激しく違和感があったので(笑)。
もう少しすれば、秋の散歩道はこんな色彩でしょうか。

街を歩くと、マスクをしている方がチラホラ。
寒暖の差が激しいから、時々のどが痛かったりします。
インフルエンザの予防接種にも行かなきゃ。
そんな季節になったのね~とか言ってると、
次はもうクリスマスってことになりそう。
クリスマスの前に、リニュ-アルした梅田阪急に行きたいなぁ・・・・・[ぴかぴか(新しい)]












nice!(0) 

ピンクのチュチュ [ミニチュアトルソ-]


蝶トルソ- 001a.JPG



蝶トルソ- 004a.JPG



蝶トルソ- 005a.JPG



蝶トルソ- 010a.JPG




ベロア生地は、よく見るとシワ加工がしてあります。
光の当たり具合で光沢が出るので、
明るいピンクでも安っぽくなりませんでした。
白いレ-スとヒラヒラの裾飾りで、
花が咲いてるところへ蝶が止まったみたいに見えるかな???と。

蝶は二匹、生地に近いピンクの蝶と白いモチ-フレ-ス。
ラインスト-ンやスパングルでデコレ-ションしました。














nice!(0) 

花畑ミニチュアトルソ- [ミニチュアトルソ-]


刺繍トルソ- 010a.JPG



刺繍トルソ- 011a.JPG



刺繍トルソ- 012a.JPG刺繍トルソ- 013a.JPG



刺繍トルソ- 014a.JPG




台風に追い討ちをかけるように熱帯低気圧[むかっ(怒り)]
[雨]、降り過ぎですねえ。
まだ梅雨入り早々の6月なのに[たらーっ(汗)]

雨の鬱陶しさはカンベンシテ欲しいけど、
梅雨の晴れ間、新緑の鮮やかなこと[るんるん]
山も木々も、ひと回りふくらんでマス。

初夏の花畑は、こんな感じかな?というミニチュアトルソ-。
刺繍生地にビ-ズ&スパングル、リボン刺繍もほどこしてみました。
緑と紫は反対色に近いんですが、
好きな組み合わせです。
紫の完全な反対色である黄色を、リボン刺繍で加えました。
近い色と遠い色。
どこに置くかで印象が変わって、面白いです。














nice!(0) 

バレエ衣装のミニチュアトルソ- [ミニチュアトルソ-]



チュチュトルソ- 003a.JPG



チュチュトルソ- 013a.JPG



チュチュトルソ- 021a.JPG



チュチュトルソ-a.JPG




バレエやオペラの楽しみのひとつは、豪華な衣装[ぴかぴか(新しい)]
眼で楽しむだけでなく、オペラ座の衣装部とかに潜入してみたいです。
最高峰の舞台を作り出す劇場では、
演出家の要望に合わせ、布を染めるところからスタ-トするんですってね。

イメ-ジにピッタリの素材がある環境って、パラダイスだわ[黒ハート]

このトルソ-は、ブル-からパ-プルへのグラデ-ションが気に入っています。
日常生活では全く役に立たないモノを作るの、
楽しいデス(笑)









nice!(0) 

花びらのチュチュ [ミニチュアトルソ-]





トルソ- 009a.JPG



トルソ- 010a.JPG



バレエ衣装みたいなのが作りたかったので、
まあまあイメ-ジに近い。。。かな。
花びらを重ねても、
極薄の生地で重たげにならず、ヨカッタ。
スカ-トが軽やかなぶん、
上はレ-ス&ビ-ズ&スパングルで、ゴ-ジャスにしました。


関西も梅雨入りです[たらーっ(汗)]
ジメジメするだけでなく、
髪がボワッと膨らむからキライ[exclamation]
空気が重たい日が続きますね~フゥ~~~・・・・








nice!(0) 

パフスリ-ブのドレス [ミニチュアトルソ-]



ピンクドレス 024a.JPG



ピンクドレス 014a.JPG




神戸では、桜も盛りを過ぎました。
花見の時期中、風邪で体調悪しだったワタクシ[たらーっ(汗)]
風邪薬を飲むとモ-レツに眠くなるタチで、
風邪の症状よりも、眠気と闘う方がツライくらいです。

気が付けば、記事のアップも4月になって初めて[exclamation]

パフスリ-ブのドレスは、またもやピンク(笑)
このレ-ス↓

ピンクドレス 011a.JPG

できるだけ広い面積で使おうと思ったら、このデザインになりました。
大人しくて誰からも好かれるけど、面白味に欠ける・・・そういうキャラですね。

「カルメン」の登場人物でいうと・・・ホセの故郷に住む許婚、ミカエラ。
                     ホセを翻弄するカルメンと違い、母性で包むタイプ。

「風と共に去りぬ」なら・・・・・・・・・アシュレイの妻になるメラニ-。
                    激しい気性のスカ-レットとは正反対、気立ての優しい女性。

うたかたの恋」の・・・・・・・・・・・・マリ-・ヴェッツェラ。
                    オ-ストリア皇太子ルドルフと男爵令嬢マリ-の心中事件は、
                    悲恋物語として映画化、劇化されていますが、
                    背景に、ハプスブルク帝国の衰退や
                    ハンガリ-独立運動とかもあったり、
                    事件も、かなり政治的に処理されたみたいです。
                    マリ-は、ルドルフの暴走に引きずられ気味だったのかも。
                       
3人の女性を思いながらドレスを作りつつ、
「どっちにしても、タイトルロ-ルが着る衣装じゃないな」と(笑)。





今日は、自治会で公園掃除担当の日だったんです。
ポカポカ陽気の中、遅咲きの桜や木瓜の花を楽しみながら、
奉仕活動してきましたヨ。


TS3U0044a.JPGTS3U0046a.JPG











nice!(0) 
前の10件 | - ミニチュアトルソ- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。